星野有史 “研究所通信/ハーネスランド”

マリアのイラスト
 「ハーネス・ウィ研究所通信」のタイトル『ハーネスランド』は、天使犬ウィが暮らしていた故郷、理想の福祉社会をイメージした「共星=ハーネスランド」から名前をつけました。この星に住む天使達が協力し合って生活しているモデルを理想に、私達も心のハーネスを輝かせ、ともに助け合い成長できるコミュニティを願って発信するものです。
<< STOP 医療崩壊 | main |
ソーシャル・ディスタンシング、この場合
0
    ソーシャル・ディスタンシング、この場合


    白杖を突いてバス停に向かいます。
    コツコツ、コツコツ。
    「しまった!……ごめんなさい」
    すぐに謝って一歩足を引きました。
    バスを待つ列の最後尾に並んでいた人の背に衝突してしまったのです。
    もちろん人の気配をつかもうとスローで歩いていましたので
    軽くぶつかったにすぎません。
    けれどもそれを想定していない相手は!
    振り返って文句を言いそうになる手前でこらえたのが
    小さな舌打ちで分かりました。
    「何だ、目が見えないのか」

    列はやっかいです。
    長い時も短い時も。
    バスだけではありません。
    タクシー乗り場、コンビニのレジ、
    列までにはなくてもエレベーターに乗る扉の前でも。
    だから離れて待ったり、声をかけて教えてもらったり。
    「見えないんだから列なんか気にしなくていい。優先させてもらいな」
    そう言って事情を慮ってくれる人も。
    けれどそれがルールとしてあればいいですが、ない場所で甘えるわけにも。
    社会の決まりは守りたいです。
    今は白杖ではなく盲導犬と一緒なのでぶつかるまではないですが、
    最後尾につくことや、
    前進する人に気付けず後方からせかされることなど、
    やっぱり列は苦手だな。

    新型コロナウイルスの感染拡大にストップがかかりません。
    密閉・密集・密接を避けるよう促されていますが、
    なかなか実現するのは難しいようです。
    飛沫・接触による感染ですから、
    これらの条件を作らないことで予防できる、はず。
    そこでどう人との距離を取るかが課題に。
    カウンターにバリアを設けたり、
    入場制限や列の間隔を定めることで人が近付きすぎないようにする。
    いわゆるソーシャル・ディスタンシングの方法ですね。
    それは理解できますし、最も有効な手立てなのでしょう。
    けれど……。

    人と離れて行動しなければならないと言うことは、
    援助を受けにくい環境が生まれると考えられます。
    つまり、手引きしてもらうこと、
    そばで説明を受けたりすることが危険であることを意味します。
    これは困りました。
    やたらと誰かに声をかけても迷惑に。

    学校の仕事はオンラインで、それにスマホで買い物も。
    しかし、全てがネットで事足りるわけではありません。
    毎日の食料品は買い出しに。
    でも、人を頼らずにできるかと言えば、難しいですね。
    私の場合は家族に任せればよいですが、独り暮らしだったら無理でしょう。
    どこに消毒液があるの?
    手にしたものは戻さないように、と言われても
    触らなくては分からないものだって。
    それに接触を避けるため無人のレジになったら、なおさら分かりません。
    完全にお手上げです。
    こうして不自由を余儀なくされている人は視覚障害者に限らず、
    サポートを必要とする多くがその状態に。

    私は福祉の研究・教育に携わっています。
    そこでは人のつながり、援助関係の原理・方法について述べてきましたが、
    新型コロナウイルスの予防策において、
    物理的な関わりをあえて作らないやり方は全く逆のベクトルであり、
    辞書にはありません。
    たとえば福祉施設での介護は身体接触が基本であって、
    遠隔サポートなど不可能なのです。
    もちろん、心理的な意味で適切な関係を築くための距離感は必要ですし、
    遠く離れた場所にいても心の結びつきを強く感じるケースもあります。
    けれど、ソーシャル・ディスタンシングは実際の身体的隔たり、
    バリアを作って分けるわけですから、
    誰かの手を必要としなければならない人にとっては
    生活、いや、生命そのものを脅かしかねない事態といってよいでしょう。
    そのリスクは援助する側においても同様です。
    これがふれあいだとか、
    共生だなんてきれいごとを言うつもりはありませんし、
    むしろ共倒れです。
    ならば、どうする、この場合。

    残念ながら妙案はありません。
    消毒液もマスクも手袋も防護服も足りず、
    検査さえ十分でない現状にあっては
    感染しないよう祈るしかないでしょう。
    虚しいばかりです。
    ですが……。

    新型コロナウイルスの感染が広がり始めた2月初旬、
    画期的な記事を読んで未来にドキドキしたのを思い出しました。
    視覚障害者を目的地まで誘導するロボット「AIスーツケース」の開発です。
    (2020,2,7. 日本経済新聞)
    これは地図データを基に自動走行、
    周囲をカメラやセンサーで認識し、クラウド上で処理、
    人・障害物の情況を使用者に音声や振動などで伝えるというもの。
    将来は顔認証技術で知り合いを見分けたり、
    表情を読み取ったりさせようというのですからビックリ!
    ならば人に衝突することもなく、
    列の最後尾に並んで
    適切なソーシャル・ディスタンシングを保つこともできるか。

    AIスーツケースの技術は認知症の高齢者をサポートしたり、
    車椅子の自動運転などにも。
    少しずつ福祉が変わり、
    自立できる人が増えれば援助の必要もなくなります。
    もしかしたら盲導犬も!
    ロボットが介助することで身体接触のリスクも回避される。
    ソーシャル・ディスタンシングが可能になり、
    ウイルスからも身を護れるでしょうか。
    とは言っても先の話ですね。
    今は治療薬もワクチンもないのであれば、
    何とかできる精一杯のウイルス対策を施し、
    乗り切るしかありません。
    人は助け合えます。
    最小限の外出、最大限の心理的つながりを持って……
    共生は可能だと信じたいです。


    <星野有史>



    | 星野有史 | - | 00:30 | - | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    bolg index このページの先頭へ