星野有史 “研究所通信/ハーネスランド”

マリアのイラスト
 「ハーネス・ウィ研究所通信」のタイトル『ハーネスランド』は、天使犬ウィが暮らしていた故郷、理想の福祉社会をイメージした「共星=ハーネスランド」から名前をつけました。この星に住む天使達が協力し合って生活しているモデルを理想に、私達も心のハーネスを輝かせ、ともに助け合い成長できるコミュニティを願って発信するものです。
<< 立ち上がってもらえますか! | main | 秋風に運ばれてきた声! >>
ミケが残していったもの
0
    ミケが残していったもの


    仕事から帰って門を開くと
    「ミャーン」
    朝起きてシータスのトイレに庭に出ると
    「ミャーン」
    近付いて来て甘えるわけでもなく、
    だからと言って威嚇しているのでも……たぶんない?
    ちょっと離れた場所から、いつもこちらをうかがい
    「ニャニシテルニャー?」と話しかけてくるように聞こえた……あの鳴き声も
    もう聞こえない。
    死んだからだ。

    この三毛猫、はじめは野良かと思って勝手にミケなんて呼んでいたが、
    お向かいさんの飼い猫と判明!
    ちゃんと名前もあったようだ。

    経緯はよく分からないが、住み着いたらしい。
    避妊をして……
    でも、部屋に入らず、撫でようとすると逃げてしまう、と。
    そんなこともあって2年前くらいから私の家にも遊びに来るように♪

    しかし、お向かいさんと家の間には片側一車線だが交通量のある車通りが。
    リスクを冒して来ることもあり
    「あー、無事で良かった。これでも食べて休んでいきな」と
    『お、も、て、な、し』
    それをするからまた来るのかもしれないが、
    その時はその時、とお向かいさんも(#^.^#)

    しかし、危険はそれ以外にあったのだ。


    テレビの情報番組。
    「あれっ!」と耳に飛び込んできたのは以前、
    ミントやキースを診てもらっていた女性の獣医師。
    専門学校の勤め帰り、
    電車を途中下車して通った評判の病院。
    まだ盲導犬が社会に受け入れられていない平成の始め、
    治療にも負担がかからないよう気を使っていただいた。

    取り上げていたのはペットの熱中症問題。
    かなり危険!
    その対処法を伝えていた。


    死ぬ数日前から姿を見せなくなったミケ。
    水も餌も置いてあったのに……口を付けていない。
    どうしたのか、心配していたのだが……
    現れたミケは弱々しく
    別な猫かと見間違えるくらいのやせようだと。
    手を出すと逃げるので、気を使わせないよう水を置いてそっと離れる。
    が、飲まない。

    「ミルクなら」と与える。
    ペチャペチャ、とほんのちょっとだけ舌を濡らしたのが、最期だった。

    素人目なので定かではないが、
    その状態からして、おそらく熱中症だろう。
    番組で伝えていた危険。
    病院に連れて行く判断も。
    が、
    飼い猫とはいえ、人と距離を取り、自由を欲する。
    仮に一命を取り留めたとしても、また外に出るだろう。
    『これが私の生き方なの』と自己主張しているかのように。

    動物が自然の中で生きていく。
    そんな当たり前のことができなくなった環境。
    お世話になった医師は未来にどんな終着点を見ているのか。

    「お帰りなさい」と迎えてくれたミケ。
    「おはよう」と挨拶してくれたミケ。
    一度も触れたことはないけれど、
    温かい心に触れた思い。
    加えて
    ミケの残していった課題!!
    その意味を深く受け止めて、
    共生に向かい合っていきたい、と思わされた出会いでした。


    <星野有史>



    | 星野有史 | - | 22:00 | - | - | - | - |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ